| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

TOKYO MOE TO


昨日よりもちょっとよい今日をめざして
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    モロッコ 13 シャウエン
    0
      市街が一望できる丘から。





      旧市街の外はこんな感じ。










      ベルベル絨毯に魅了されまくり。
      2つ一緒に編んであって、別売りの絨毯も。その場で切ってくれるのだ。



      いろんなタイプの絨毯。私はベルベルスタイルを2つ購入。荷物が…











      友人達と泊まったスペインオーナーのホテル。景色も素敵でした。
      暖炉が合ってあったかくて気持ちよかった。
      この日頂いたスペイン風ディナーも美味でしたww






      2日目、夕方には友人達はフェズへ。その後カサブランカを経由して日本に。
      私は無職なのでそのままシャウエンに滞在。

      安宿に移動。でもこちらもすっごく優しくて素敵なオーナー。
      子猫もいて、たまらん魅力でした。
      フェズで別れた日本人旅行者ともばったりあって。

      夜もどったらアメリカ人が英語もろくにしゃべれないぐらいラリってて。
      (シャウエンはモロッコでも特に大麻で有名)
      いろんな旅の醍醐味を感じさせる素敵な安宿でした。

      1泊18DH。2500円足らずですね。




      昭和を思い出しながら自分の体温で寝床をあたためて
      いっぱい毛布を重ねて寝ました。
      ネット環境は快適だったので、風邪気味の私は、夜は早めに宿に戻って
      日本の動画を見ながら旅行記整理したり。ストレスフリー






      3日目、一人でお絵描きしてたら現地の子供にナンパされました。






      友人がiPhoneをスペイン人オーナーの車の中に落としている事が発覚して
      オーナーを訪ねなおして無事捕獲!









      小さな町で、2時間もあれば町をまわることができるぐらいのサイズだけど
      4日間じっくり滞在できて本当に贅沢な一時を過ごせました。


      記念の3ショット。





       
      |23:01| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
      モロッコ 12 シャウエン
      0
        ちょっと不便な場所だけど、絶対後悔しない
        おとぎの国シャウエン。

        少しでもあのすばらしい町の素敵な時間が伝われば幸い。










        町の外壁の外には天国みたいな野原が広がっていた。
        私たちのホテルのスペイン人オーナーの車が野原に停車されていて教えてもらった。



        モロッコの日差しを感じながらここで読書をしたりした。人生でもっとも贅沢な時間だった。



        (この動画、色味と音楽のチョイス間違えた)

        因に、帰りのフェズ行きのバスチケットがとれなかったら大変なので
        ホテルに着いてから、まず私たちはバスターミナルへ。


        私が調べまくったときにある人のblogで見つけたシャウエンのバス時刻表。
        変わってませんでしたよ。

        私のblogも誰かの役に立てれば幸い。一応載せときますね。

        カサブランカ行きは朝7時しか出てないけど、フェズ行きは結構出てる。
        友人は18時のフェズ行きに乗ってフェズに夜着いてホテルに泊まり
        翌日朝早めに鉄道でカサブランカ行き向かい夕方の飛行機で日本へ帰りました。

        鉄道は、トラブルで遅延した話もそれなりに耳にしますが
        基本はスムーズに動いてました。4時間遅延とかされたらさすがに終わりだけど。
        夕方の飛行機なら当日フェズからというプランもありですよ。
        フェズからはマラケシュにも鉄道が走っているので、それも便利です。

        |01:37| モロッコ旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by moe - -
        モロッコ 11 フェズへ
        0
          (すっかり間があいてしまいましたが記録のためにも続けますね。)

          砂漠から端っこの町に戻ってから、体調不良をどうにもできず
          うだうだと2013年の大晦日をモロッコの片隅で過ごす。
          日差しがないと寒くて寝れず…体調って本当に大切ですね。

          お世話になったお宅。コンクリートの建物。
          夏は多少涼しい構造になっているのだと思う。



          夕方6時。一台の車に無理やり荷物と人間を詰め込みまくって、車で15分ほどバスターミナルへ。
          私達のあまりのバギーの重さにモロッコ人もその場に居合わせた日本人も苦笑。

          追加料金(20DH=250円ぐらい)を払って、極寒と噂のバスに完璧な防寒と
          今ココで役立て!寝袋っ!!と言わんばかりに着込んで乗り込むも、
          まさかの冷暖房完備!

          モロッコに入国して一番居心地の良い空気に感動☆
          エアコンの中で眠れる幸せ。
          戻ってきた体調。ありがとうエアーコンディション☆


          モロッコ人はなぜかバスを前から詰めていく とか
          夜行バスなのに、シート倒したら狭いからやめてくれって後ろの母親に言われたりとか
          カルチャーショック的なこともありつつ
          0時すぎにバスは休憩所に。



          砂漠ではガイドがくれるから不要と言われた
          トイレットペーパーここで必要だった。
          ことごとく準備が実らず虚しい。。。。


          その場に居合わせた日本人数名で
          しっとりと新年の挨拶。
          2014年は日本から半日遅れてモロッコの道路沿いでスタート。



          フェズには朝4時半に到着。早いよ。寝かせてよ。

          フェズの駅は、新しくて立派!!




          よく考えたらマラケシュは旧市街しか行ってなかったから
          都会的なモロッコは初対面。
          駅前には帰国直前に宿泊予定のホテル(IBS)が!
          フェズのホテルは最後までどこにするか悩んだけど、利便性と安全度を考えると
          このホテルは正解だった★

          で、ホテルを確認して安心したところで
          後日フェズ→カサブランカ行きの鉄道チケットを購入しておく。
          フェズ駅のカウンター対応はとっても素敵!と事前に聞いていたけど、本当にその通りだった!

          因に世界のコインを集めてるお兄さんが日本のコインをほしがったので
          100円見せてあげたら「ありがとう」って言われたので
          「いや、待ってくれ、せめてこっちに!!」と言って10円あげた(笑)


          そしてフェズ駅でしっかり休憩し、朝日とともにタクシーをなんとか広い
          バスターミナルへ向かう。(バスへは車で数分。)荷物が大きくなかなかタクシーが捕まらない。
          タクシーといっても10DH。(130円)

          そして8時発のシャウエン行きのチケットを4枚買おうとすると
          ここで大問題発生!!!!

          「8時のシャウエン行きのチケットは満員」と!!!


          一同驚愕。

          次は12時発(正午)になってしまう…
          フェズ駅で夜明け前からまったりしてる場合じゃなかった!!!!



          後悔してもどうしょうもない。
          そして私はシャウエンで友人達と最終的に別行動するが、友人達は明日にはフェズに戻ってきてしまう身。
          時間がない!!

          とうことで、居合わせたお姉さんと一緒に4人でグランタクシーをチャーターする事に。
          「グランタクシー」と言うのは長距離タクシーのことで
          フェズ→シャウエンまでは800DH。1万ぐらい。
          一人200DH。バスだと、70DHだったわけで、痛い出費だが、日本円にして考えると格安タクシーだと思うことにする。


          しかし、タクシーと言っても普通のベンツ。
          女4人と運転手1名、バックパッカーのお姉さんの荷物と
          そして我らが3人分の激重デカスーツケース×3。

          ベンツ限界。相変わらずの極寒。寝袋を足に膝掛け的に使って大変快適。


          休憩を挟みつつ、お昼過ぎ。青色のおとぎの国シャウエンに到着した。






           
          |01:11| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
          モロッコ 10 砂漠の町へ
          0
            砂漠で2013年最後のご来光を拝んだ後は
            朝ごはん。砂漠の真ん中でこんなちゃんとしたご飯作れるなんてスゴイ。





            ここで食べたベルベルオムレツ、美味しかったなー。

            そっからまたらくだにのって1時間。

            案内人の一人はバギーで一足先に村へ戻る。
            こんな砂の中で走れるバギーってスゴイんだな。車とかようわからんけど。

            昨晩の極寒の中のラクダ乗りとは全く違う
            昼間の太陽が温かい午前中の砂漠。
            念願のらくだの影絵が撮れました。









            らくだに乗ると太ももがキツイ!!って悲鳴上げる人多いみたいだけど
            私は快適でした。まぁ太もも多少きついけれども。

            視界が高くて面白い。

            ちゃんとしたツアーに申し込んだので、行けども行けども砂漠で。
            案内人いなかったらほんとマジ死んでるなっていうくらいずっと砂漠。
            砂丘(砂地)の奥にはブラックデザートって呼ばれる荒野が続いていて、
            異国の自然を堪能してるなぁって実感できるのも楽しかったです。

            地元の村についたら微弱ながらwifiも通ってて、21世紀感スゴイ。
            大島優子が紅白でAKB48卒業を発表したことなどをモロッコの端っこで知ったり。
            シャワーもお湯がちゃんと出るし。トイレも一応水洗だし。

            地元にある大きな土産屋はアンモナイトとか化石が入ったお皿でセンス良いものが沢山。
            後のシャウエンにもフェズにも似た感じのものはあったけど
            砂漠地帯で見たのが一番安価で品が良かったな。
            マラケシュで色々買い込んでて、重量制限で頭がいっぱいだったのでここでの買い物は控えたけれど
            ここでみたミニタジン鍋が一番かわいかった気もします。








            気温は15°(不正確)ぐらいで肌寒い感じなんだけど
            太陽の日差しはスゴイキツくて
            体が完全にモロッコ気候に対応してくれなくて
            睡眠不足も手伝ってココらへんで一気に体調を崩しました。
            動いてれば平気なんだけど、だるいけど寒くて眠れない、、、みたいな。

            お水が硬水すぎて、喉がキツくて、ポカリを混ぜないと辛くなって
            友人たちとポカリ飲みまくってました。自宅においてきたことをどんなに悔やんだことか。。。
            日本人の観光客に片っ端から風邪薬を分けてもらってました。
            マジ有りがたかった。

            ポカリとホッカイロと風邪薬、のど飴。日本ではほとんどお世話にならない品々が
            恋しくて仕方ない冬のモロッコでした。




            |16:36| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
            モロッコ 09 砂漠 朝
            0
              0時過ぎには就寝した砂漠の夜

              ガイドさん達は地元のラジオで日常を満喫。こちらは非日常を満喫。

              プラネタリウムよりも凄い星の数。10分〜15分に1本は流れる流れ星。
              これがやりたくてきたよー!!!

              深夜3時半。目が覚め、4時半にはテントを出て外でまた一人星を眺める事に。
              めっちゃ寒いけど勝手に毛布を運んで、どうにかくるまって寝転がった先に満天の星。

              5時過ぎ、友人の一人が起きてきて一緒に星を眺める。7時前に3人で朝日を眺めに砂丘にあがる。
              ここはNoガイドらしい。そーゆーのどこまで勝手にやっていいか分からないから困るぜ。


















              うーん。。。。感動が5%くらいしか伝わらないぜ!!

              ってことで動画どうぞ。





               
              |01:27| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
              モロッコ 08 砂漠 夜
              0
                日本の砂漠=砂丘 のことらしい。

                本当は西日傾く中らくだにのって、到着して砂漠で日が沈むのを見たかったんだけど
                満点の星空の下、らくだにのるっていうのもステキな経験でした。

                星の写真撮る能力を誰も持ち合わせてなかったのは残念でございますが。





                砂漠巻き。5Mくらいあるターバンじゃないと無理。
                頭の上をぐるぐるとねじって巻いてあるのが特徴。
                そのねじねじに最後あまった布を絡めてマスクにする。
                ねじねじツバとマスクで日差しと砂を防ぐ。
                テンションもあがるが単純に夜の砂漠は極寒

                なので。この私が珍しくフォントをいじるぐらい極寒なので。
                これがあるとないとじゃあたたかさが全然違うので
                マジターバンに救われました。

                また行きたいぐらい最高の砂漠体験でしたが次があるなら
                スキーウェアでくるべきですね。持ってないけど。
                特にらくだにのってると太ももがマジ半端なく冷える。これはカイロ貼りまくっててもキツかったかも。

                鼻水だらだらでほんと大変なんだけど
                流れ星が星屑にまみれて分からなくなるほど星空は豪快に降り注ぐので
                らくだ楽しい、空めっっちゃ綺麗、でも寒い。早くテント着きたい。。。の繰り返しです。


                ラクダに乗る事1時間。
                無風の中、らくだを刺激しないよう無言で
                砂の音と少しの風の音とらくだの足音と、鼻水をすする音の中で
                贅沢で極寒な一時間ようやく終了。
                無風だったのでそれでも寒さも柔らかく大変ラッキーだという事でした。
                カメラも砂でラレタリしないしね。


                「これは恋人とは来れないな……」と私は二度つぶやきました。



                トイレはanywhere. 大自然の好きな場所でどうぞってやつです。
                3人のキャラバンだったからまぁ問題なかったけど
                大人数は大変そうだな。縄張り争い大変だ。





                そしてモロッカンティー。
                ここで飲んだお茶が一番甘さ控えめでよかったな。
                他はミント味のガムシロップ飲まされてるような気分だったので。。。。

                モロッコウィスキーともいうようです。





                満点の星空を堪能して就寝。私の両足にはカイロがびっしりです。


                テントの中はちゃんと快適。毛布が何重にもなってて
                昭和っぽい。昔のキャンプを思い出します。



                 
                |01:10| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
                モロッコ 07 砂漠へ
                0
                  2013年12月30日

                  5時半起きでリヤドを出発。
                  日本人宿HOUSE13の裏の宿はタクシー到着場からすぐで便利でした。






                  HOUSE13の方と一緒にタクシーを待つもタクシー来ず……
                  私たちはモロッコで携帯電話を持ち合わせてないのでHOUSE13の方が問い合わせてくれる。

                  「おくれてくる事は基本ないんですけどね」

                  15分後タクシー到着。
                  別に15分待つ事がストレスなのではない。来るのか来ないのか分からないのが怖いのだ。
                  そういう意味ではちゃんと日本人宿の方にチャーターしてもらっていたので安心だった。良かった。


                  朝。ラジオも始まってない。まだまだ暗い。息も白い。
                  エアコンない。寒い。10℃切ってる。
                  荷物はすべて後ろに積んでしまっていた……
                  ドアの隙間から冷たい冷気が……!!!

                  御蔵島用に買ったけど船の上のクッション代わりとしてしか使わず、
                  むしろ会社の床に敷いた段ボールの上で大活躍した
                  あの寝袋を広げるべきは今だったのではないか……!!!!!
                  カイロもなにもかも後ろだ!!
                  なんかもう準備が全然報われないぜ!!


                  冬のアトラス越えの車の中でも持っていくと便利な物:メモ
                  カイロ/サングラス/防寒具/水/朝ご飯/ティッシュペーパー/ウエットティッシュ






                  街を抜けて山道へ










                  べらぼうに可愛い犬と。
                  山もやっぱり日本とは違う。国の景色空気が凄い。
                  雪の景色も圧巻。


                  アトラス山脈を越え始めた頃、太陽も昇ってきて。
                  ドライバーさんも軽装に。



                  そしてラルクアンシエルのPVにも使われたらしい
                  世界遺産でもある「アイトベンハッドゥ」へ。

                  普通案内人にチップ渡して回るらしいがドライバーさんが
                  黙って案内してくれた。

                  この川は昔はわたるのにチップ渡して手を借りていたらしい。
                  ラルクのPVにも出てきていたのでファンには聖地。
                  私たちにはただの橋。




                  去年のカンボジアを思い出す遺跡







                  帰りは橋好きの私には嬉しい橋の上の3ショット♥


                  正直ここはせっかくモロッコ来たし、まぁよりたいよねっていう
                  スポットだったけど別に省略してもいいんじゃないかなって感じでした。

                  特に去年カンボジアで遺跡は満喫していたので
                  モロッコなら他を堪能した方が良い気がするな。


                  ご飯。ここで友人の一人が「私モロッコのスパイスの香りがNGって今気付いた」と
                  モロッコ郷土料理を拒絶し始める。。。。
                  かわいそうに。






                  ピザ食べてくれ。

                  オリーブとパンはどこでもついてくる。

                  ドライバーに言われるがままに入った高級リヤドっぽいところのレストランだったけど
                  3人で200DH。相場の倍って感じでしょうか。
                  タジンとピザとモロッカンサラダをいただきました。


                  そしてその後は8時間の弾丸ドライブ


                  みんなガン寝……

                  相間合いまで荒野の景色を味わう。西日キツい。

                  ちなみに私のBGMはB'zでした。








                  19時半頃。ようやく砂漠の端っこのお家に到着。
                  あたりはもう真っ暗。
                  空には満点の星。凄い。本当に凄い。

                  到着後すぐ、大量のクスクスをごちそうになる。
                  友人は当然パス。

                  その後はフルーツヨーグルトを。こちらはシナモンがキツくて私はパス。

                  21時半頃。どうにか準備をして砂漠へ向かう。

                  完全なる個人旅行だからできたプラン。
                  普通は砂漠まで1泊挟むのでこのプランはそうとう弾丸!

                  そして一同極寒の砂漠へー  つづく。


                  |00:07| モロッコ旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by moe - -
                  モロッコ 06 2日目のお宿。
                  0

                    モロッコの感想はヒトコトでは「極寒」なので。
                    日中の日差しはキツイのですが。
                    基本「極寒」だと思っていていいと思います。

                    エアコンも冬に暖房が入る仕組みになっておらず。
                    夏は猛暑で冬は極寒。

                    日本は気候的にほんと恵まれてるんだねー……

                    あと、朝は5時にお祈りの音がうるさく鳴り響くので
                    基本毎日5時に一度起こされました。
                    健康的ですね!!


                    極寒のテラスで朝ご飯
                    「カイロ使うのいつなのよ!?」「今でしょ!!」という
                    おそらく2013年最後の「今でしょ」をここで使いながらカイロ貼りまくり。
                    この後カイロ足りなくなる。。。








                    マラケシュ二日目は前日と同じ宿が取れなかったので
                    HOUSE13の近くの宿を予約しました。

                    宿間の移動はリアカー引いたおっちゃんが名乗りを上げてくれます。

                    先々値段の交渉をしましたが
                    (3つで20DHで交渉成立していた)
                    結局終わったあとに揉めに揉めて
                    よくわからないまま10DH多めに払うことになりました。
                    10DHって130円ですけどね。。。

                    新しいお宿も可愛らしくて良かったです。

                    個人的には今回の旅行は、
                    当初想定していたお宿より全体的に
                    ちょいランク上の宿になったので予算も常に千円ぐらい高い感覚だったかな。
                    ドミトリーとかシャワー共有だと
                    一泊一人2千円ぐらい(18DH)とかなんだけど
                    今回の旅行は常に一泊一人30DH前後だった。

                    でも3人なので割安だし、
                    一つの部屋でゆっくりできるというのはやっぱり快適ですね。
                    ヨーロッパだと3千円で、このランクのお宿は絶対無理だからね。
                    旅行が長いからちょっとずつの料金が積もり積もるといたいんだけど。


                    ってことで新しいお宿でさっそくお洗濯。




                    モロッコはほぼ全てのお宅にテラスがある印象で
                    そこで洗濯物干すのが気持ちいいです。



                    二日目の宿の方がちょっとクール。







                    二日目は路上で遊ぶ子どもたちにポッキー上げたり
                    買い物の続きをしたり。





                    可愛すぎだろ!!こどもたちよ!!





                    アルガンオイルをボトルで購入し、
                    それを配るようの小瓶をまとめ買いして。
                    交渉と購入に1字間以上かかったり。

                    時間をかけて悩んで選んで交渉して。

                    何をやるのも一筋縄じゃいかないけど
                    こーゆーのが旅の醍醐味ですよね。


                    マラケシュは本来一泊しかできない予定だったので
                    二日間堪能できて本当に大満足。

                    広場の塔はあんまり感心なし。




                    お買い物も実際はほとんど2日目にすませました。

                    この時点で各自厚手のクッションカバーやら、薄手のクッションカバー、カーペット
                    もしくはランプ2つ……と個人旅行とは思えない大荷物……

                    モロッコは2日目にしてこの有様だったのですが
                    その後も買物は続き、終始「重量制限がマジ、ヤバい」という出口のない会話がつきない旅行となりました。


                     
                    |00:26| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
                    モロッコ 05 ハマム
                    0
                      時間軸が前後しますが
                      初日はHOUSE13おすすめのハマムに行ってきました。

                      モロッコの人たちにとっての大衆浴場のようなものだそうです。
                      私達は一人300DHくらいのハマムに行ったので
                      観光用というか、中くらいの高級ハマムですね。
                      マッサージが付きますww
                      むしろこれが目的。

                      本来は蒸し風呂みたいな感じらしく
                      湯船のない銭湯って感じでしょうか。
                      垢すりやってお湯ぶっかけて
                      (水道蛇口が少ないのでそこにバケツをもって並ぶ)
                      サウナに入るのかな??

                      私達が利用したハマムは、垢すりも泥パックもお湯ぶっかけも
                      水着をきたおばさんがやってくれました。
                      お湯ぶっかけはなんかもう半分いじめのような、虐待のような状況で
                      唖然としましたが。
                      おもしろ異国体験ですね。






                      マッサージの後はチップを要求されました。
                      なんか右も左もわからず金銭感覚がないけど
                      こーゆー時は基本10DHからスタートでよかったっぽい。

                      20DHあげちまったけど。
                      チップって毎回行くたびに感覚鍛え直さないと慣れないから
                      入国直後ってなんか調子狂わされるわー。



                      ハマムでは一応(虐待的ではあるが)
                      シャンプーとかしてもらえたので
                      宿に戻ったらそのままお休み〜ってのが出来ました。


                      ハマムの前に売店で水を買って(500ml 4DH=50円ぐらい)
                      帰りに屋台で3人でケバブを1セットシェアしました。

                      6串5DH。なんか1DHでソースつけられた。6DHでちょうど割れるしよしとした。
                      あとパンはなんでもかんでもつく。


                      モロッコは夜も朝も寒く
                      私はユニクロのウルトラライトダウンを持っていったのですが
                      これが大正解で、めっちゃ軽くて薄いので
                      これを着て寝る日も多かったです。



                      |23:59| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
                      モロッコ 04 マラケシュ お買い物
                      0
                        モロッコのマラケシュは本当に魅力的な街で
                        しかもお買い物天国です。

                        最終日に私一人でたちよったフェズの方が品揃えが多かったりもしましたが
                        単純に友人達と異国の地での買物はそれはそれは楽しくて仕方ありませんでした。





                        いろんな形や素材があるバブーシュ。
                        日本で買ったら3800円ぐらいが相場。
                        モロッコは80DH〜 1000円ぐらいですね。
                        とんがってるのがアラビアスタイル。先っぽが丸いのがベルベルスタイルだそう。




                        広場に面したレストランの2階からの景色。
                        広場が見渡せて圧巻☆




                        タジンとクスクスも美味しいよ。
                        だいたいどこもタジン45DHぐらいが相場。
                        基本的にパンはかならずついてくる。

                        これが観光パック的なところは75DHぐらいになってくる。

                        クスクスはお店によってクスクスの比率が多すぎて食べきれないところも多いけど
                        タジンは基本どこも美味しかったです。
                        牛、鶏、羊、野菜色々あります。



                        マラケシュは夜も治安悪くなくて
                        雰囲気のいい街で、屋台が広がり盛り上がります。
                        混むと新宿みたいなことになってるけど。そしてそこに馬やらロバやらが通るんだけど。
                        スリとか友人とはぐれることがないよう気をつけました。









                        ランプが可愛いんだよねー。
                        私と友人1名はランプを2つづつ買いました。↑このランプは友人お買い上げ。



                        私はこの手前にある星形のランプを買いました。
                        まだ取り付けれてないけど。
                        めっっちゃ悩んだ末にティーポットは買わなかったんだけど
                        どれもステキでした。

                        戦利品とそのお値段の話はまたまとめて。


                         




                         





                        お買い物ハイライトはこの親父と。






                        いっぱい買いました。
                        またまとめて写真をアップできるようお部屋を頑張って片付け中です。
                        |00:00| モロッコ旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by moe - -
                        | 1/20 | >>
                        LATEST ENTRY
                        ARCHIVE

                        (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.